Requires a javascript capable browser.

ガイソー北見店

外壁塗装

ガイソーウォールマットマックス / ガイソーウォールマットマックスF

落ち着いた微潤艶で高級な質感を演出ガイソーウォールマットマックス / ガイソーウォールマットマックスF

「ガイソーウォールマットマックス」シリーズは、艶消しの落ち着いた「微潤艶」が特徴のラジカル反応制御型塗料です。
※マットマックスはシリコン塗料、マットマックスFはフッ素塗料となります。

ラジカル反応制御とは

塗料に含まれている「顔料(酸化チタン)」と「紫外線」が反応すると、塗膜劣化を促進させる「ラジカル」という劣化因子が発生します。このラジカルが発生すると、外壁を指で触れたときに白い粉が付く「チョーキング現象」が起きます。チョーキングの発生は外壁の劣化が進んでいるサイン。
ラジカル制御型塗料は酸化チタンに特殊なコーティング(ラジカルバリアー)を施し、酸化チタンに直接紫外線が当たらないようにすることでラジカルを発生しにくくする塗料です。

マットマックスシリーズ
つの特長

項番1
複雑な塗膜表面構造が生み出す高品位なマット感

マットマックスは、塗料中の顔料配合比を増やすことで塗料の艶を消し、マットな質感を実現しました。光沢の無い樹脂を使用し、顔料の露出を極限まで減らすことで独特の複雑な塗膜表面構造を形成。一般的な艶調整剤による塗膜表面構造とは異なり、これまで艶消し塗料の弱点とも言われていた「耐候性の低下」の問題を見事に解決しました。

マットマックスの塗膜表面構造はナノレベルの複雑な凹凸形状。この凹凸形状は極めて高い撥水性能を持ちつつ、どの角度から見ても反射率が低くしっとりとしたマットな質感(微潤艶)を生み出します。
マットマックスは美しい質感と高い撥水性能、そして艶あり塗料と同様の耐候性を併せ持つ塗料なのです。

マットマックスの塗膜表面構造イメージ

複雑な凹凸形状・表面に疎水性層

促進耐候性試験での色差(キセノンランプ法)

促進耐候性試験6000hrs後も色差が少ない
項番2
ラジカルの発生を抑えて外壁の劣化を抑制

酸化チタンをラジカルバリアーで覆うことで紫外線の影響を受けにくくし、わずかに発生したラジカルはバリアー層により外へ出にくくなります。
ラジカルバリアーを越えて塗膜中へ遊離した僅かなラジカルは、HALS(光安定剤)によって捕捉。外壁の劣化原因となるラジカルをダブルの効果で抑制し、長期にわたり高耐候性を保ちます。

一般のシリコン塗料

従来の塗料
紫外線などの影響でラジカルが発生。ラジカルは塗料の劣化を促し、チョーキング現象の原因にも。

ラジカルバリアー+HALS(光安定剤)

ラジカルバリアー+HALS(光安定剤)
ラジカルバリアーでラジカルの発生を抑制。バリアーを突破したラジカルはHALS(光安定剤)により捕捉されます。
項番3
高い撥水性能で長期間に渡って美しい外観を維持

マットマックスの塗膜表面構造は、サトイモやハスの葉のように微細な凹凸形状を持っています。この形状により塗膜の表面に付着する水は徹底的に弾かれ、丸まりガラスビーズのように転がりながら、外壁の表面に付着した汚れを絡め取って落とします。この高い撥水性能が、長期間住まいの外観を美しく保ちます。

走査型電子顕微鏡による表面構造比較

マットマックスの表面構造
マットマックス
ハスの葉の表面構造
ハスの葉

ハスの葉の撥水状態

ハスの葉の写真

撥水効果の度合い

撥水効果の度合いの定義
撥水効果の度合いは、表面と水滴との接触角によって決まり、接触角が90°を超えた状態が高撥水と定義されています。

促進耐候性試験での撥水性評価

1000時間後も高い撥水性を維持
デューパネル光コントロールウェザーメーターによる促進耐候試験においても、マットマックスは高撥水性・耐光性を長時間維持できることが認められています。
項番4
塗膜の膨れや剥がれが発生しにくい

マットマックスには2つの特徴的な塗膜機能があります。
1つは、高撥水機能だからこそ実現した高い防水性。その数値は防水性に定評のある汎用水性エナメル塗料をも凌ぎます。

雨などの水分が塗膜内部に侵入しない
汎用水性エナメルよりも高い防水性

そしてもう1つは、優れた透湿性。こちらも汎用水性エナメル塗料と比較した場合において2倍以上の水蒸気透過結果が得られました。

下地内の水分を水蒸気として放散
汎用水性エナメルよりも高い透湿性

高い防水性と透湿性が両立することで、塗膜の膨れや剥がれが発生しにくくなり、建築物の長寿命化に繋がります。

ガイソー独自の外壁塗装プロセス
どれだけいい塗料を使っても、下地処理を怠るとすぐに剥がれたり、色褪せが起こってしまいます。
このようなトラブルをなくすため、ガイソーでは下地処理に徹底的にこだわっています!!

バイオ高圧洗浄により
徹底的にクリーンに!

下地処理が大切

普通の水洗いによる洗浄では表面の汚れしか落ちません。どんなに良い塗料を使用しても、下地が汚れていてはせっかくの性能を発揮することができません。

汚れの大半はしつこいカビやコケ

カビやコケなどの微生物は、水洗いでは根っこまで除去できません。根っこを残し塗装すると再繁殖する可能性が高く、塗膜剥離などの原因に繋がります。

そこでガイソーは、ただ水で洗い流す高圧洗浄ではなく、バイオ高圧洗浄(ガイソーパワークリーナー)を標準仕様にしています。通常の高圧洗浄では落としきれない0.001mmにも満たないピンホールに潜んでいるカビやコケ、藻など壁面の汚れを徹底的に洗い流します。
外壁リフォーム・
屋根リフォーム おすすめ塗料

外装リフォームをしたいけれど、どんなものが良いか分からないというご相談を多くいただきます。
そんな方のための、耐久性や価格などを比較できる表を用意しました。じっくり検討をして外装リフォームを成功させましょう!

おすすめ塗料